Japanese(JP)English (United Kingdom)

偉大な建築家ガウディの国 PartⅡ

■スペインのハム
スペインは美食の国としても有名です。
今回はそのスペインから、日本でも話題を呼んだ天才シェフ「エルブリ」が地元の素材として良く使う「ハモンJamon セラーノSerrano」と「ハモンJamon イベリコIberico」を紹介します。
まず前者がランドレース種・大ヨークシャー種といった白豚系で主に山岳地帯で生産されています。後者がイベリア種というスペイン原産の黒豚で樫やコルク樫の森で太らないよう運動をさせて、更に骨を強化し、主に、ドングリなどを食べて大きくなります。
両者の見分け方ですが、ひずみの色、毛の色が白か黒かで見分けるようです。
イタリアの生ハムはひずめを残しませんが、スペインでは取引上重要な役割を果たす為に切り落とされることはありません。
写真は、訪西の際のビジネスシーンで、ひずめが黒いハモンJamon イベリコIbericoを切り分けている様子。因みに、世界三大生ハムとは「中国の金華ハム」「イタリアのパルマハム」そして「スペインのハモンセラーノ」です。

偉大な建築家ガウディの国 PartⅡ


(写真 左)ビジネスパーティの中でもイベリコハムが日常的にふるまわれています。
(写真 右)Tapas(小皿料理)も並びます。

住宅通信 2004年11月号・Relax Essay